新年度最初の「わくスタ」を実施しました。

 いよいよ新学期が始まりました。入学・進級式を経て,

新しい学年がスタートします。生活面ではコロナ禍で

学校行事がどうなるのか,学習面についても,新学習

指導要領の影響で難易度・分量ともどこまで変わるのか

不安は尽きませんが,目の前の課題に1つずつ取り組んで

もらえれば,必ず道は開けていくと思います。

 さて,本日は小学生お待ちかねの「わくわくスタディ」の

新年度1回目の授業です。普段の学習から離れ,様々な観点で

科目内容へのアプローチを試みるイベントですが,今回は

「賢くなる算数パズル」をテーマに,平面図形や空間図形に

対する思考法をパズル仕立てで学んでもらいました。異なる

学年の生徒が混在する中で,正解に気づいた生徒がどんどん

手を上げてくれます。また,空間のイメージが難しい人には,

ブロックを配布して実物を体現してもらうなど,各自が実力に

併せて集中して取り組んでいました。結果,あっという間に

規定の終了時間になってしまったので,残念ながらあと1割程

問題を残して終了となりました。

 

↑「どうすれば条件に合う立体になるのか」を実際に確かめて考えます

↑ 対象となる生徒の半数以上が参加してくれていました。空席が散見されるのは,写真に納まらなかった座席があるのと,コロナ対策で机間を開けてもらっているためです。ちなみに,一番乗りの人は30分前到着でした。

(2021年4月14日 理系担当:平田)

カテゴリ記事をもっと見る