慌ただしさの中、想うこと。

3月…

私たちにとって1年でもっとも慌ただしく密度の濃い月です。

 

新年度生を迎え入れての新学年授業の始まり

学年によっては半数以上が新入生!?

毎年のことですが、最初の授業はちょっぴり緊張します。

 

最後の追い込み ~ 入試本番 そして合格発表!

年度前半の休校などのごたごたもあって、特に思うのかもしれません…

今年の子達は、

「今までの子どもたち以上にすごく頑張っていた!」と。

☆勝原校の合格実績詳細はまた後日お知らせしますね。

 

 

 

いろいろな、本当にいろいろなことがあり

あっという間に3月も下旬…

 

昨日は、授業がお休みだったので、

事務室の自分の机周りをきれいにしました。

捨てるプリント類にも、

「これ、○○くんから質問されたやつやなぁ」とか、

「○○さん、毎日遅くまで自学して質問攻めにされたなぁ」など、

思い出があり、ついつい片付けの手が止まり、

思っていたより時間がかかってしまいました。

 

そして

 

 

 

 

 

 

春季講習!

机も気持ちもすっきり整理して初日を迎えます。

一部の学年で満席となっており、ご迷惑をおかけしました。

受付できる学年が絞られてしまいましたが、

例年通り、たくさんの講習生を迎えられることをうれしく思います。

春季講習は長くても7日間。

限られた時間ですが、伝えたいことを全力で伝えます。

ともに学びの種を芽吹かせましょう!

 

 

カテゴリ記事をもっと見る