中学の勉強とは

中学の勉強とは
A 正しいことを正確に覚えること
B 覚えたことを使うこと
の二つに大きく分けられます

どちらがより大切かと言えば
もちろん A です

覚えるべきことを覚えていないのでは
使うことができません
問題を解くことができません

英単語を覚えていないのであれば
英語の文章を書くことができません

連立方程式の解き方を知らないのであれば
もちろん解くことはできません

学校のテストで点が取れない・・・
その一番の理由は
覚えるべきことを覚えていない
からです

よく応用力がないから解けない
と言いますが 違います
覚えるべきことを覚えていない
のです

~中学生のよくある勉強方法~
学校ワークの宿題のページを取り敢えずやってみる
赤ペンで丸付けをする
間違えた箇所は正解を赤ペンで書き込む
終わり

これはダメを固める勉強方法です
繰り返せば繰り返すほどダメを固めて
成績アップから遠ざかります

間違えたことを固めるのではなく
正しいことを固める勉強をしてください

そして成績を向上させてください

ないものは搾っても出てきません
覚えるべきことを覚えなければ
テストでいくら考えても無駄です

ないものは出てきません
正しいことを正確に覚えてください

岡村ゼミナール曽根校の
中学生 実践型演習
ステップアップコース
では
正しいことを正確に覚える
ことに特に力を入れています

正しいことを正確に覚える
だから テストで点を取ることができる

これは誰が見ても当たり前のことです
しかし当たり前すぎて誰もが通り過ぎてしまいます

岡村ゼミナール曽根校では
正しいことを正確に覚える
この当たり前のことを
真正面から取り組みます

カテゴリ記事をもっと見る