二学期中間テスト!

二学期の中間テストが10月29日に終わりました。生徒たちの手元に 試験結果が戻ってきています。問題用紙を拝見し、毎回感じることがあります。県大附属中は理系科目に強い中高ですが、ハイレベルな問題の割に平均点が高いことです。中1は比例・反比例の利用問題や図形の最初の部分が入っており、難易度も上げていました。それでも平均点は75点を超えました。79点近い平均点のクラスもありました。社会や理科は一部 高校基礎レベルかと疑うような問題が入っています。理科の平均点は各学年65点くらいですが、社会の平均点は高いのが特色です。おそらく日本史に詳しい先生が教えているようで、古代中国なども春秋三国時代に触れたり、桓武天皇の政策として勘解由使を説明したりもします。中学教科書やワークには出てこない高校レベルの用語が登場します。もちろん これらの用語に対しても試験対策をしていくのですが、いつもレベルが高いと実感させられます。

カテゴリ記事をもっと見る