平成最後のわくわくスタディ(31年4月)

龍野校では本日わくわくスタディを実施しました。

参加者は10名,小学5年生と6年生が参加してくれました。

最初の45分間は歴史の勉強で,聖徳太子,小野妹子,天智天皇について学びました。

6年生はちょうど学校の社会の授業で学んだ範囲なのでよくわかっていました。

でも学校では教えてくれない,なぜ聖徳太子は摂政にはなれても天皇にはなれなかったのか,

小野妹子はなぜ島流しにされても中国皇帝からの手紙を失くした事にしたのか,

中大兄皇子(天智天皇)が蘇我入鹿を殺したのは誰に頼まれてなのか,など現代にも通じる人間事情

を交えながら楽しく勉強できました。

後半45分は歴史クイズ(ヒントをもとに誰の事かを当てるクイズ)をしました。

なぜそこまで知っている?というくらいよく知っていて驚きました。

次回のわくわくスタディもお楽しみに。

 

カテゴリ記事をもっと見る