密度

理科の話ではありません。

勉強の密度です。

成績の良い生徒をみることが多くあります。

日曜特訓などで、

成績優秀者ばかりの特別なクラスも担当しています。

彼らは、

50分間で入試1回分の問題を解き、

次の50分で解答をみて、

間違えた問題を理解します。

理解が難しかったら質問に来ます

あっという間に、数学や理科の大問(小問じゃないよ)を

10題、20題とこなします。

次に同じような問題が出てくると、

その中から解き方を思い出すわけです。

彼らの決まり文句

勉強はあまりしていなかった

です。

そうでしょうね。

私も、頑張った!!という記憶はありません。

他の人から見ると

その量、異常や!!

というものを淡々とこなしていました

最初からそうだったわけではありません。

少しずつ積み重ねているうちに、

そうできるようになったわけです。

時間をかけるだけでもダメですし、

問題を多く眺めるだけもダメです。

その両方がかみあっていく必要があります。

自らできる人にはアドバイス程度で良いでしょうし、

さらに難しい

高校レベルの話などをしても楽しんでくれます。

成績の良い生徒

成績が伸びた生徒

数字としてそれが表れている生徒

印象はダメですよ=成績が良いという噂の生徒が全く…ということはよくあります

そんな人を探して観察してみてください。

すごい量を短時間にこなしますよ。

自分にはできない…

とならないでね。

目指すは彼らと同じ境地ですからね。

カテゴリ記事をもっと見る