進路について

この時期

増位校の優先事項は、

中3生に一般入試で高得点をとってもらうこと

です。

もちろん志望校合格のために。

少し余裕のある学校を受ける生徒もいます。

その場合は、上位で合格するために。

高校は合格した者勝ちだと考えています。

最下位で合格しようが、

トップで合格しようが、

その後の成績にはあまり関係がありません。

数値がそれを物語っています。

高1の夏休みまでに成績を上昇軌道に乗せる!!

これさえできれば

たとえ下位で合格した生徒でも

最終的に上位の生徒と同じレベルに達します。

ここまで読んでいただけた方は、

中3の進路以外にも興味があられると思います。

そうです。

小学生だろうが

中学生だろうが

いつから努力を始めるか。

真摯に。

時間だけかけるのではなく。

それで結果は大きく変わります。

中1からできないなら、中1に戻ってやり始めれば良いのです。

小学生の計算(九九や繰り下がりの引き算などなど)から不得意なら

そこから始めればよいのです。

もちろん、周りと比べてしんどい思いはしますよ。

でも、

いくらしても、できないまま!!ということはない!!

これも事実です。

一方で、偏差値60を超えても不満の方もいます。

上をみるというのも必要ですが、

そこに至るまでの努力を評価して、

さらに高みを目指しているのか。

疑問に感じることがあります。

上には上がいるものです。

きちんと

やればできる!!

という自信をもって

さらに上を!!

という気持ちを持ってほしいのです。

ただただ終わりのない戦いを続けるのではなく。

終わりのないことを認識して

それでもやはり目指すのだ

そう決意している人を応援します。

 

カテゴリ記事をもっと見る