誰のせい?

自分の人生を他人のせいにするな。

池田晶子さんの言葉です。

そもそも

自分とは何か?

ということを考える人の言葉ですので、

最初の文章は当然の帰結なのですが…。

また、厳しい言葉のようでありますが、

当たり前すぎて、驚きを覚える言葉でもあります。

考えるということは、

上のように理解するということです。

決して、

私の人生があなたのせいで悪くなったとか、

あなたの人生が私のおかげで良くなったとか、

そういうことを述べているわけではありません。

そもそも

そういうことを言いたい文ではないのです。

というようなことを考えることが面白い!!

なら

読んでみてくださいね。

14歳からの哲学

とても平易な文章で

ものすごい大きなことを考えさせる本です。

カテゴリ記事をもっと見る