感情について(再び)

Array ( [0] => WP_Term Object ( [term_id] => 41 [name] => 増位校 [slug] => masui [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 41 [taxonomy] => category [description] => 増位校はクラス指導、個別指導を併設。増位中学校、豊富中学校、香寺中学校などの校区の生徒様が通塾されています。 [parent] => 11 [count] => 151 [filter] => raw [term_order] => 0 [cat_ID] => 41 [category_count] => 151 [category_description] => 増位校はクラス指導、個別指導を併設。増位中学校、豊富中学校、香寺中学校などの校区の生徒様が通塾されています。 [cat_name] => 増位校 [category_nicename] => masui [category_parent] => 11 ) )

感情は

自分の中から生じるものではない

外からの刺激への反応だ

というお話を前はしました。

今回は、もう少し踏み込んでみます。

感情は自然発生しません

今すぐ楽しめ!!と言われたら

え?…となるか、何を?ってなるか…

困りますよね

だから、外からの刺激への反応であることは確かです。

でも、

刺激って外から来るとは限らないですね。

自分の言動も刺激になります。

強い言葉を使っていると

偉い気分になったり、

激しく動いていると

何やら興奮したり。

どういう行動をしたら、どんな気持ちになったか。

これを味わうのも面白いものです。

まあ、行動が終わり、ある気持ちが生じて、

少し経ってからでないと味わえないですが。

進行形で味わえるようになるには、

まだまだ若いようです。

私のことですよ。若いってのは。

自然というのは面白いですね。

何が起きるかわかりません。

自分の行動が自分自身に生じさせた感情について、でした。

 

カテゴリ記事をもっと見る