おさるさん

教室内が騒がしくなることがあります。

ワーワー

みんな、それぞれに何かを話しています。

中身を聴いていると、

どうでもよいようです。

少なくとも、考えたうえでの何かを表明しているわけではない。

で、

少し大きな声で授業を始めたり

黙るよう指示したり

します。

そんな自分をみて、

あ、

猿山のボスと一緒じゃねぇか…

と沈んだ気持ちになることがあります。

黙って、黙るのを待ってから(なかなか難しい日本語ですね)

ゆっくり授業を始めることもあります。

そういうときは、

少し人間らしいかなと思ったりします。

言葉を話すということだけであれば、

別に犬や猫がワンワンニャーニャー言っているのと変わりません。

抽象化という点で優れている!!

と言われても、

私には音という意味で同じじゃないか、としか感じられないのです。

少々誤解を生じそうな表現を使いましたが、

誤解して困るのは私ではない!

という話はどこかに書きましたね。

今日は人間らしく過ごせるといいなぁ。

カテゴリ記事をもっと見る