ルール

ルールには

価値中立なものと

そうでないものがあります。

価値中立というのは

どちらでも良いのだけれど

どちらかに決めておいた方が便利だよね

というものです。

例えば

車は車道の左側を走るというものです。

実際、右側通行の国もありますしね。

一方で、価値中立でないルールもあります。

というよりルールってほとんどそっちです。

どっち?

もちろん価値が付与されているのです。

そして価値が付与されていると考えるから

いろいろ反発も起きます。

〇〇する規則に疑問を覚えたら、

何を守るためなのだろう?

何を目指しているのだろう?

と考えてみてください。

面白いですよ。

カテゴリ記事をもっと見る