行動

人は「良い」と思っていることしかしません。

中には、

「私は悪い人になるのだ」

と強く決意している人もいるかもしれませんが、

そういう人は、たぶん読んでいないでしょう。

この「良い」「悪い」というのは個人的なものです。

だって、注意されて

「何が悪いの?」

って苛立ったことはありませんか?

ね。

良いと思っていたことを

「違う、悪いことだ」と言われたから

腹が立つのでしょう?

私はそうです

そういうことがあったとき、

私は、あとでゆっくり考えてみます。

自分が良いことをしているか、

悪いことをしているか。

良いことしていると判断したときは、

次も同じことをしますね。

注意されようが、怒られようが、関係ありません。

というこで、

ものすごく身近な話題で一つ考えてみます。

宿題をしてこない人、

それは「宿題をしないのは良いことだ」と

思っていると私は考えています。

それは間違っている!と指摘しますが、

ずっとそのままの人もいるよね。

そのうち言わなくなるでしょ。

だって、

その人が「良いこと」と確信しているなら、

その信念に沿って生きないと。

私は、「それで良い」と思っています。

誰になんと言われようとも「しない」なら、

その結果も、きちんと引き受けられるはずですから。

私と善悪の感覚が違うので、

教室では衝突しまくるでしょうが、

それも人生です。

お互い大変ですね。

カテゴリ記事をもっと見る