ものを考える

「考えるヒント」

小林秀雄の書かれた本です。

池田晶子という人

「考える」ことを続けられた人です。

養老孟司

「バカの壁」などを書き、

やはりモノを考えることをされています。

考えるというのにも方法があります。

ああやこうやと意見を述べることとは

決定的に違います。

マスメディアは多くの意見を流します。

ただ、考えることをしているようには見えません。

スマホ・テレビ・パソコンから離れてすごしてみませんか?

1日や2日ではなく、

意識的に1週間ほど離れてみませんか?

考えるということを考えるようになる

と私は思います。

それをすると何になるのか?

とか

なんの役に立つのか?

と問われると困ります。

目的や効果を求めて「考える」わけではありませんので。

カテゴリ記事をもっと見る