よかった

まったく、太陽系第3惑星の地球という星の生命体はけしからん。

報告によると、せっかく青く美しい星に住んでいながら、大気や水を汚している。

お互いをだまし合い、奪いあい、殺し合う。

自分たちの作ったもので、自分たちを全滅させる兵器を作る。

まったくもって矛盾だらけだ。

宇宙空間に平気でごみを捨てるし、もう少し文明が進めば他の星を侵略しかねない。

こんな星はなくしてしまったほうがいい。

「この、地球という星を破壊してしまう準備はできております。

 スイッチを押しましょうか?」

「う~ん、いや、スイッチを押す前に、もう一度観察してみよう!」

「おや?みんなニコニコ喜び合っています。」

「報告と違うぞ!」

「プレゼントを与え合ったり、お互いをゆるしあったりしている模様です。」

「クリスマスという時期だとのことです。」

「それじゃ、スイッチを押すのは今日のところはやめにして、しばらく様子を

みてみることにするか。」

 

クリスマスが近づくと思い出すSF小説です。

宇宙人が地球を観察してくれたのがクリスマスでよかった、と思いました。 

(小説の詳細は異なっています。思い出して書きました。)

カテゴリ記事をもっと見る