冬を迎えて

12月に入ってからの冷え込みに、いよいよ本格的に冬が来たなあと空を見上げると、

ふと今年は雪が降るのかどうか気になります。

カメムシが多いとその年は大雪になるというのはよく聞きますが、そういえば、この秋増位校はカメムシが大量に飛び回っていました・・・果たしてどうなるやら。

そんなときに思い出した一首。

冬ながら 空より花の 散りくるは 雲のあなたは 春にあるらむ

「冬でありながら、空から花(雪のこと)が散ってくるのは、雲の向こうが春だからだろうか」

中学生の皆さんは、赤字の部分についてもよくお分かりのはずですよね。

係り結びの法則ですね。

ぞ・なむ・や・か・こそなどの係助詞特定の活用形で結ぶというルールのことです。

「や」は連体形で結ぶので、「らむ」で終わります。

中3の皆さんは、欠くべからざる知識のひとつですので、受験までにしっかりと習熟を。

このように、折に触れて「思い出す」のはよい学習習慣。

皆さんもまずは覚えていようとしましょうね。

 

カテゴリ記事をもっと見る