感情と論理

下の〇〇〇に適する接続語を入れてみてください。

①あの男の子は、少し不良っぽい。〇〇〇私は好き。

②あの男の子は、少し不良っぽい。〇〇〇私は好き。

③あの男の子は、少し不良っぽい。〇〇〇私は嫌い。

④あの男の子は、少し不良っぽい。〇〇〇私は嫌い。

私の準備した答えは①が だから ②は だけど 

③は だから ④は だけど です。

違和感を感じるのは④ぐらいで、あとは文脈が通るように思います。

同じ空欄に順接の接続詞と逆説の接続詞が入る!

国語の問題としては不適切。答えが決まらないので、〇×をつけられないですもの。

なぜ、こうなるかということですが、好き、嫌いが感情を表す言葉で、

感情は理屈で起こるからではないからです。

「人の好みは説明できない。」英語でも There is no accounting for tastes.ということわざもあります。

なぜ、この話題を持ち出したかと申しますと、

「〇〇高校が好き。行きたい。」という気持ちに理屈は要りません。

「あなたの内申は何点、模試の偏差値は何点、だから〇〇高校を志望校に。」と先生に言われても、好きな気持ちにうそはつけません

〇〇高校に行きたい、と強く思うこと、それが大切。

行きたい学校→受験する学校→合格して在籍する学校→卒業して母校。

そうなるように全力で応援します。

 

カテゴリ記事をもっと見る