国語・言語(まとまりに欠けます)

言語の専門家が身近にいます。

誰のことか分かる人

秘密にしといてね。

喧嘩をするには

断然英語!!だそうです。

なぜ…。

私は英語は聞き取れます。

が、

結構すぐに聞きとりにくくなります。

普段から鍛えていないと…

ということで

英語の放送を聞いています。

内容は

科学とドキュメンタリーやニュースです。

コメディーは聞いても分かりません。

それくらいのリスニング能力です。

話がそれましたが、

英語を英語のまま理解しているときがあります。

スイッチが入る。

表現が適切かどうかは分かりませんが、

そんな感じです。

そういう日は夢も英語だったりします。

第二言語としては、必要十分だそうです。

少しだけアドバイスするとすれば、

英語は音!!だそうです。

だから、音と一緒に覚えて!!とのことです。

で、また話が変わりますが

私の母語は日本語です。

さらに話題が飛びますが、

現代文の問題は、

どれくらい日本語を理解しているか

を問いかけてきます。

決して、内容の深い理解を求めているわけでもなく

ましてや意見は求めません。

さらに

作家独特の感性の理解も求めません。

そういうレベルでは無いのです。

国語のテスト、特に読解ができない!!

多くは、語彙不足と論理的な考え方をしていないことが原因です。

問題文に書かれていることだけが問われます。

こんなに簡単なものは無いはず。

でも、難しいのもわかってます。

日本語がきちんと運用できるか

が難しい。

当たりまえです。

英語は、英語を母語とする人からすれば

中3でも、たかだか小学生レベルです。

それでも難しいでしょう?

そう考えると、日本語は難しいですよね。

15年間かけて理解しているであろうことを問われるのですから。

言語学から見れば、日本の国語の問題は「超簡単」だそうです。

書いてあることを読み取れるかたずねているだけだから。

本当に難しいのは、

自分の意見を

相手に伝わる表現で伝えること

です。

数学の時間にも国語力を鍛えてもらってます。

ゆっくり、でも着実に頑張るよ!!

カテゴリ記事をもっと見る