才能について

「先生は勉強ができる頭があったから…」

「私には数学の才能が…」

などなど

持って生まれた能力を言い訳に使っていませんか?

それ

ほとんどウソですよ。

勉強ができるようになるために才能は関係ありません

言い切るのは問題ですが、ほとんど関係ありません

大きく関係するのは、

「言葉の能力」

その中身は

「語彙(知っている言葉の多さ)」

「論理(相手に正確に伝えられる言葉の使い方)」

です。

もちろん、世の中、勉強が全てなわけがありません。

というより、

勉強なんて、できてもできなくても大差ないです。

ただね、

できない言い訳を、

自分の力の及ばないものに求めないでね

それは、

とってもしんどいよ。

だって、

それじゃあ、

できるようになったときの喜びも

自分の力の及ばないもののおかげ!!

になっちゃう

そんなのいやです。

カテゴリ記事をもっと見る