期末考査を終えた今,考えて欲しいこと。

 先週から始まった期末考査も,今週ですべての中学校が終了しました。

毎回の事ですが,副教科も含めた多種多様な学習に対し,心身ともに

ガリガリと削られていく思いで挑んでいたのではないでしょうか。

(特に中3の人にとっては内申点に影響する最後の期末試験なので,

これまでで最も気を使ったことだと思います。)

そんな皆さんに,先ずは一言・・・

「お疲れ様でした!」

 ・・・といっても,既に答案の返却は始まっていると思うので,成績という

現実は,否が応でも目の前に迫ってきます。全教科でバラ色の結果

手にする事ができる人などほんの一握りです。皆さんはどうでしたか?

※※※

  ――手ごたえはあったのに,凡ミスで点数がどんどん引かれていた――

   ――テスト調べの手薄な所がたまたま出ていて解けなかった――

    ――提出課題に時間を取りすぎて,テスト勉強ができなかった――

※※※

 色々と思うところがあるはずです。ところで(受験生は当然分かっていると

思うので)中2・中1の人にお聞きしますが,その結果で最も重視するべきは

一体何でしょうか。

 ① 得点? ②順位? ③偏差値?

いずれも大事ですが,それらは全て「既に決定済みの数値」であり,

どれほど眺めても現状は何も変わりません。ですから,本当に

大事なことは,将来志望校に合格するために

「今の自分にできていること,逆に足りないこと」を分析し,

素直に受け入れることではないかと思うのです。

 

  わかっていた「つもり」でごまかしていた単元がある人も

   やっていた「つもり」で手を抜いたテスト勉強になった人も

    「部活」や「提出課題」を口実にして,現実逃避に走った人も

 

・・・そろそろ,本気になりませんか?

 

岡村ゼミナールでは,そのお手伝いを

職員一同,全力で行います。

この冬は弱点を把握し克服するときです。

まずは冬季講習,一緒に頑張りましょう!!

カテゴリ記事をもっと見る