偏差値について

期末テストが迫っているひと、もう終わったひと、どちらも気になる数字ですね。

ただ、この偏差値というもの、結構クセモノだったりします。

日本の中学校(少なくとも私の知っているところ)では、平均点=偏差値50としています。

そして、最低点~平均点~最高点まで、

真ん中がきれいな山になる(正規分布といいます)と想定して考えます。

すると、偏差値60は上位15%となります。

増位校の属している学区内で単純に考えると、

市姫や飾西以上というのが進学先になります。

ただし、これは、先ほどの「きれいな山になること」を前提としています。

まず、この「きれいな山」ができていない教科が多いため、

偏差値だけで学力を測定しても意味が無いこともあります。

逆に、毎回、平均点もばらつきも異なるテストを一律に評価するためには、

便利な方法でもあります。

どのような偏差値で、どこの高校に行けるかなどの最終判断は、

最後の最後まで分かりません。(合格発表があるまでわかりません)

「必ず受かる!!」と言い聞かせて勉強するしかないのです。

強気でいること!!

これが一番なのです。

偏差値に一喜一憂するヒマがあるのなら、

ペンを握ってください!!!!

 

 

カテゴリ記事をもっと見る