何を教えるかということ

今日は真面目な話題です。

私(T先生と呼ばれている方)の考えです。

何をどのように教えるか、については以下のように考えています。

まず、

ずっと使える方法を優先が優先。

それを理解して、覚えるように促す。

中学の学年をまたいで使えるのはもちろん、

高校生になっても使える考え方や解き方を優先しています。

中学生も高校生も教えてきた経験から導き出したものです。

次に、

入試で点数が取れる考え方、解き方を優先する。

ミスが少ないのはどちらか、

速く解けるのはどちらか、

忘れにくいのはどちらか、

というような基準です。

最後に、

学校のテスト(特に定期テスト)で良い点が取れるようにする。

5教科では内申に直結するため、結構気にしています。

ただ、上の優先事項よりは下になります。

そのため、テスト対策で!!詰め込むこともあります。

テストが終わったら忘れてもらって良いという解き方もあります。

 

今回の文章は、数学の勉強の仕方を知りたい!という要望に対するお答えでもあります。

「何を教えるか」を考え抜いて授業をしておりますので、

きちんとノートをとって、何度も復習していただければ、勉強の仕方も身につきます。

カテゴリ記事をもっと見る