先手必勝!

消費税の増税が1年後に迫ってきました。消費者の目から見て、2%という数字をどう

受け止めるかはそれぞれ違うでしょうが、店からすると例え何%税率が変動しても全て

の商品の値段を書き換えなくてはなりません。文庫本などはどうでしょうか?値段を気

軽に書き換えることは出来ません。出版社はそれらすべてを印刷し直すのでしょうか?

近くにあれば是非手にとって見て下さい。ほとんどの本が○○円+税と表示されている

はずです。出版社は、消費税率の変動、さらには消費税という名称の変更をも見越し、

予見して先手を打っているのです。先手を打つ、ということは勉学の場でも絶対に有効

です。将来高確率で迎えることになる高校、大学受験を見越して、今のうちに知識を蓄

え、整理することでそれらに先手を打っていきませんか?私どもにその手助けをさせて

頂ければ幸いです。

カテゴリ記事をもっと見る