大学受験を有利に進める受験計画

さて今年も残すところあと1ヶ月となりました。

高3生はラストの追い込み時期ですが、高2生はいよいよ受験生としてのスタートとなります。

まだ志望校がなんとなくだったり、逆にしっかり決まっている人もいるかもしれませんが、とにかく受験生として早めにスタートをする方が有利なのは言うまでもありません。

そこで、早い段階から大学受験勉強を始めて、3年生になったらいいスタートを切るための受験計画作成の2つのポイントをご紹介します。

このポイントを意識した計画作りをすることで、持続可能な計画を立てることができるのでぜひとも参考にしてみてください。

【計画の立て方Point1】

最初に建てた計画の50%の分量で、計画を立て直す。

よく新年の初めに今年の抱負や目標を決めると思いますが、これってなかなか続かないですよね?

なぜ続かないのかと言うと、新年のテンションが高いときに高い目標を決めてしまうからです。

なので、この目標を達成しようとしたときには、高いモチベーションを維持して続けていかなければいけない状態になっています。

多くの人は、こう言った目標設定をしてしまいます。

そして、同じことが勉強の計画を立てるときにも起こっています。

大事なのは目標を達成すること、それまで持続することです。

だからモチベーションが高かろうが低かろうが実行できるような計画水準を最初は立てる方が、結果として大きな成果を得ることができます。(当初の計画のペースに慣れてくれば水準を上げるのはOKです。)

だから初めに建てた計画はどうしても高い水準になりがちなので、それを意図的に落とすことが持続可能な学習計画を立てるポイントとなります。

【計画の立て方Point2】

これは必ずと言うわけではありませんが、できればやっていただきたいこととなります。

それは環境づくりです。

人は環境に大きく影響を受けてしまいますので、この環境づくりは非常に重要です。

特に距離感の近い周りの5人(家族や友人、先生など)の影響が最も強いので、受験に対して意識を高め合える仲間を自分の周囲に置くことで、モチベーションも関係なく自然と勉強に向かう姿勢が出来上がります。

まとめると、計画50%、環境配備(周りの5人)を意識した計画作りと実行を行なっていただければ、きっと来春にはいいスタートを切れるように準備ができているはずです。

ぜひとも、受験計画と立てるときには参考にしてみてください。

 

 

============
現在、無料教育相談を実施中!
まずは下記電話番号より、お気軽にお問合せくださいませ。

電話番号:0791-43-5600
担当:西川
============
代ゼミサテライン予備校A-Plus赤穂駅前校の説明会を実施しました。

学習サポートプランもご紹介していますので、是非チェックしてみてください(^ ^)
詳細はコチラから
============

カテゴリ記事をもっと見る