【岡村予備校】期末テストの季節です

期末テストの季節です。

早い高校ではすでに始まっていますね。

テストの時期が来るたびに

「何でテストがあるのか?」「何で勉強しなければならないか?」「サインコサインタンジェント。社会に出たら使わないじゃないか?」

と言ったお言葉を生徒からもらいます。

気持ちは分からないでもないです。

「強いて勉める」と書いて勉強。確かにツラいです。

面倒です。

しんどいです。

高校生は,科目が多く,さらに1つ1つの科目のテスト範囲も広いので大変です。

日頃から高校生を間近で見ているのでよく分かります。

この苦しいものに耐えて鍛えるのが勉強なのだろうか?

それは違うと思っています。

決して苦しみに耐えるための修行ではありません。苦しみに耐えるためだけの人生はツラいです。

今は苦しいけれど,これに耐えてその先に進めば楽になるなどと言うのは人をだますときの言葉です。

中学生のときに,「今頑張って高校に入れば楽になる」と言われて,楽になったでしょうか?

では,なぜ苦しい勉強をさせられるのでしょうか?

様々な答えがあるでしょうが,1つは新たな知識を吸収し,それをアウトプットするための訓練だと思っています。

世の中はどんどん変化していきます。

その中で,新しい知識やスキルを自ら習得し,それらをアウトプットする。

アウトプットしたものが世のため人のためになり,人に感謝される,感謝がお金という形となり,日々の糧を得る。

そのための訓練だと思っています。

 

 

カテゴリ記事をもっと見る